ここは私という人間の思考によって生み出された数々の文章を保管しておくところです。 コメント等いただけるとありがたいです。
時の忘れ物 ~記憶の片隅に忘れ去られた一筋の光~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
命の価値
2006-02-12-Sun  CATEGORY: 思考
今日久しぶりにBarギコっぽいOnlineに行ってみた。
しかし、一般のほうはあまり人がいなかったのでジュニアのほうに入ってみた。
(これについては以前誰かと討論したことがある。16歳未満の人は一般に入ってはいけないが、大人はジュニアに入ってもいいのかという問題)

やはり休日とあってずいぶんと人がいた。
あたりを回っていると開発局前のごみ箱の中でしきりに「命に価値はない」と言っている人に出くわした。

面白そうなのでかかわってみることにした。
生きるということについていろいろと問答しているうちに少し用事があって席をはずした。
次に戻ってみるとその人はいなかったが、「自殺をするのは人間だけだ。」という発言がログに残っていた。


追記
本当は問答の内容をもっと正確に書くつもりだったがどうしても思い出せない。
ログをとろうにも既にウインドウを閉じているのでそれも出来なかった。
残念だ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
BarギコOnline
2006-02-03-Fri  CATEGORY: その他
最近はBarギコに行っていない。
なんだかつまらなくなった。
以前はいろいろな人と会話できるのが面白くてよく出向いていたが、最近はどういうわけか人が減り、たとえ人がいてもそれは噴水のあたりでたいていは毎日きている常連ばかりだった。

ぎこっぽいというよく似たところにも足繁く通ったものだが、あそこも最近では常連が多い。

また、これは本家(ぎこっぽいに対してBarギコOnlineのことをこう呼ぶ)である人に聞いたことだが、本家は出会いの場として利用されているとのことだ。
ここで見知らぬ二人が出会い、仲良くなったらそそくさとぎこっぽいやメッセ(インスタントメッセンジャー IM)のほうに移るらしい。
道理で人が少ないわけだ。

それでもしばらくは本家に出向いていた。
すると、面白い動きがあるのを知った。
それは、ホワイト団というBarギコの平和を守る軍団と、ブラック団という平和を乱す軍団の存在だ。
私はあるときホワイト団のリーダーという「雷鋳」という人にホワイト団に入るよう勧誘されたことがある。
面白そうなのでとりあえず入ってみたが、あれ以来「雷鋳」を見かけない。
また、彼らのHPを覗いてみても更新が遅れているようだ。

そういえば以前本家で出会いブログの相互リンクもしてもらったアナール学派さんは今何をしているんだろうか。
ずいぶんと姿を見せていないし、ブログも去年の夏で更新が止まっている。
忙しいのだろうか・・・

私はこのBarギコとぎこっぽいを通じていろんな人と出会うことが出来た。
この世界を覗くことがなければ出合うことのなかった人たちだ。
しかし、そんな私の数少ない「知り合い」もやはり最近姿を見ない。

私は小さいころ友達を作るのが苦手だった。
否、今でも苦手だ。
でも、このBarギコはそんな私でも「知り合い」を作ることが出来るすばらしい世界だ。
なのに近頃はその世界がつまらなく見えてしまう。
なぜだろうか・・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005 時の忘れ物 ~記憶の片隅に忘れ去られた一筋の光~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。